counter
ブログパーツUL5
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アイネックス PWM-Master CA-PWM
アイネックス PWM-Master CA-PWM (JUGEMレビュー »)

マザーボード4pinとファンのケーブル3pinの間につなげるとPMWで回転制御ができる品物です
Category
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Archive
Links
Admin
    
時計
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
にほんブログ村
時計
count
ブログパーツUL5
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
今回の掘り出し物はBDドライブ
2019.05.11 Saturday 19:15

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

今回のジャンク品は

USB3.0のBDドライブを発見しました。

 

 

ただ、「認識しません」と注意書きがされています。

ソフトも何もありません

ケーブルが付属していました。

 

 

まっUSB3.0なので

いつものケーブルに問題ありなのでは?

と思った次第です。

 

 

ここで型番を調べてみると

Logitech LBD-PVA6U3VBK となっています

ネットで調べてみると

 

あら!

 

Ultra HD Blu-ray 搭載となっています

コレは動けばめっけものだな〜とウキウキです

 

 

ベゼルにはUltraHDBlu-rayの記載は無かったので

買ってから驚きです

 

 

すぐにPCに繋いでみましたが

ウンともスンとも言いませんでした

USB3.0ケーブルを品質の良いものに交換して繋いでみると

 

イジェクトボタンは動作する様になったのですが・・・

コネクタ側のケーブルを動かしたり捻ったりすると

PC側でピコ・ピコとUSBデバイスが刺さったことを示す

音が鳴るんですがPC側でアイコンが出てきません

 

やっぱり認識しないようです

 

それならケースを入れ替えてみるか!

そこらへんに余っていたジャンク品が在ったはず・・・

 

ケースを探していて気付いたことが

 

このドライブ

ベゼルの高さが11mmなのです

 

自分の余っていたケースは一般的な14mmなので

入ったとしても隙間ができてかっこ悪い・・・

 

ん〜

以前、薄型のUSB3.0のDVDドライブがあったので

これと入れ替えて動作確認してみます

 

分解にねじを探すも見当たらなかったので

ゴム足を剥がせば出てきました。

 

はがすのは基盤側のゴムを2か所はがすだけです

 

 

それからネジを外すと上カバーが浮き気味になるので

指で浮かせながら精密ドライバーなどで左右にあるサイドの爪を

慎重に外すと爪が折れずにカバーが取れます

 

 

BDドライブの中身は

Pioneer BDR-UD04Bが入っていました。

 

 

 

今回入替用としているのが

I-O data DVRP-UT8SK のケースと入替です

 

 

これも基盤側のゴム足の2か所を剥がすとネジが出てきますので

ネジを外し、上カバーをベゼル側へスライドさせると外すことが

出来ました。

 

 

こちらはコネクタが抜けない様にテープが貼られています

 

 

サイドにはねじ止めされています

 

 

テープをきれいにはがして入れ替えます

 

 

仮組をしてPCへ接続してみました。

 

無事にPCが認識してくれました

BDディスクも読み込んでくれたので問題はなさそうです

 

 

ただモニターが4K表示ができないので

Ultra HD Blu-rayの真価は測れませんが後の楽しみにしておきます

 

こうなると4K TVが欲しくなってきますね〜

 

0
    | バーゴン | PC日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    2019.09.07 Saturday 19:15
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
      Comment
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      http://katsu-bus.jugem.jp/trackback/783