counter
ブログパーツUL5
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アイネックス PWM-Master CA-PWM
アイネックス PWM-Master CA-PWM (JUGEMレビュー »)

マザーボード4pinとファンのケーブル3pinの間につなげるとPMWで回転制御ができる品物です
Category
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Archive
Links
Admin
    
時計
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
にほんブログ村
時計
count
ブログパーツUL5
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
リビングPC製作
2018.09.16 Sunday 20:27

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

気になっていたCPUは出ていたのですが

マザーボードが出ていなかったのが

やっと発売になり

リビング用PCとして組みことを決めました。

 

組み立てたのは震災前だったのですが

アップする前に震災で停電や用事が

立て込んでしまったんので・・・

 

今回の構成は

CPU:AMD RYZEN 2400G

マザー:MSI B450M-MORTAR TITANIUM

メモリ:G.SKILL TRIDENT Z RGB F4-3200C16D-16GTZRX

SSD:SAMSUNG NVMe SSD M.2 960EVO 250G

HDD:流用 3TBx2台

BDドライブ:流用 pioneer BSR-208M

 

 

まず、マザーボードの箱を開けます

取説はマルチ言語で日本語対応していました。

 

 

マザーは白い色に見えますが

チタニューム色という事になっているのですが

白色にしか見えません。

 

 

 

B450のチップセットでは

M-ATXサイズでスロットが4つあるのは

MSI MORTARだけだったのでコレ一択でした。

 

 

マザーの裏側

いたって普通です

 

 

さてさて

CPUの箱を開けます

 

 

APUもしっかりパッケージングされていています

ピンが曲がらないようになっているのでしょうか?

 

 

マザーへ取り付け!

ピンの位置をしっかり確認して組み込み

 

 

 

 

今回は使っていたPCケースへ換装する予定です。

ケースはSST-PS09Bでちょっと細身の筐体ですが・・・

 

今、入っているマザーB75Mを取り出します

 

 

 

I/Oパネルをはめ込みます

MSIの竜のマークが主張していますね!

 

 

M.2のSSDを組み込みます

ヒートシンクを取り付けようか?と考えたのですが

動画や映画を見るだけだし必要がないと判断しました。

 

 

 

このマザーはM.2が2つあるので

最初、下のM.2へ差し込んだのですが

 

 

 

説明書では上側の方が優先されるみたいです

 

下側へ取り付けると

PCI-Eの4段目が使えなくなるようです。

 

 

さて

CPUクーラーを取り付けようとしますが

メモリスロットに被ってしまうのです

背の高いメモリなのでA1スロットは取り付けできませんでした

ヒートスプレッタ無いメモリだと大丈夫だと思います。

 

 

なのでCPUクーラーを反転させて取り付けようとするも

マザーのヒートシンクへ干渉してしまい取り付けられません

マジでこんな事ってあるの?

 

 

CPUクーラーをサイドフローなどに変えれば問題なく

取り付けられるのですがPCケース幅が狭いので

トップフロー型にしたかったので純正を取り付けたかったのです。

 

メモリの箱を開封

 

 

光るメモリです

自分としては無用な代物なのですが・・・

でもAMD RYZEN推奨ですし店員さんがお勧めしてくれたので

間違いないだろうと購入しました。

 

かなり背の高いメモリになています

 

 

ケースにマザーを入れて組み込んでいるときに気づきました。

メモリが干渉してケースに入らなかったので

一旦、メモリを外して組み込みました。

 

な〜んか嫌な予感がしてきました

マザーの位置決めして周りの干渉をチェックしてみると

 

メモリスロットB2にメモリを刺すことができません

HDDに干渉してしまいます

 

マジですか〜〜

A1スロットはCPUクーラーの干渉で刺せないし

B2スロットはHDDの干渉でさ刺せない・・・

 

説明書によると

メモリスロットの優先順位は

1:A2-B2

2:A1-B1になっています

ですがこの状態だと

A2-B1しか刺すことができないのです

 

 

 

ん〜、悩んだ挙句

今回はメモリの優先順位を優先すべく

PCケースを変える事にしました。

 

今、使っているZ77Mのマザーを取り外して

Fractal design core 1100へ組み込みます

 

このケースはHDDはサイドフレーム搭載なんで

干渉は無かったです。

 

 

 

とりあえず電源だけつないで起動できるのか

確認してみます

 

何度、組み立てても

最初の電源入れが緊張しますね〜

 

文字が出てきました

よかった〜

 

 

後はBDドライブやHDDをつないで

配線の処理をして組み立て完了です

 

 

 

BIOS(UEFI)で設定の確認です

ストレージ関連は認識しています

起動順番も確認し、ファン回転や温度関連を確認して

設定完了と思ったのですが・・・

 

 

起動できたりできなかったりで

再起動でフリーズしてしまいます

OSのインストールに支障がでてまともに立ち上がらい

BIOS(UEFI)の画面を出すのに出たり出なかったり・・・

 

小一時間悩んでメモリの設定をX.M.Pの設定にして

autoになっていたメモリタイミングを手動で

PC-3200にして再起動してみると

 

今度はスムーズに立ち上がるようになりンした

メモリタイミングはautoでも動くのですが

細かく設定してあげると安定するのですね〜

 

結構メモリのLEDがまぶしいです

マザーも右側の端が光っていて驚きました

よく調べたつもりだったのですがびっくりしました

 

LEDを消す方法はないんですかね〜?

 

 

新しいBIOS(UEFI)のバージョンが出ていたので

出たばかりのマザーボードですのでアップデートしたほうが

良いかな〜?

 

気分的に新しいものは改善されているものだと想定し

アップデートをしました。

 

 

再起動して

またBIOS(UEFI)の設定をやり直していると新しい項目が増えている

ところもあったり、マウスの動きもよくなっている様に感じます

 

もう一度OSのインストールをやり直してみると

自動で再起動するときも

ちゃんと正常に再起動してくれて

問題なくOSがインストールできました。

 

とりあえず今はスリープからの復帰も問題なく

できているので使用感として十分です

リビングPCとしてオーバースペックかもしれませんが

他に流用もできるし問題なく使えるようになって満足しています。

 

 

 

0
    | バーゴン | PC日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    2018.11.19 Monday 20:27
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
      Comment
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      http://katsu-bus.jugem.jp/trackback/763